0

直感を信じよ。

モリンガ(無農薬有機栽培)はかれこれ半年近く飲んでます。家族全員飲んでます。友人も飲んでいますが、良い感じみたいです。粒よりパウダーの方がより良い感じかもしれない。子供は飲みにくいでしょうから、粒で良いんじゃないだろうか。大人は黙ってパウダー!

主治医探しの話の続きです。

家からはちょっと遠いのですが、こんな場所にこんなクリニックがあったんかいと思ったのが最初の感想でした。仕事もあるし混んでたら困るなと思って早めに行ってみると、ぱっと見けっこうガラガラ。でも不思議と居心地が良い(今思えばそれが直感だった)。今時のおしゃれクリニックな感じは微塵も無く、私が子供の頃お世話になっていた地元のお医者さんの病院のような良い空間がそこにはありました。

これまでの血小板数値やその他情報をもとに、その日からさっそく治療開始。西洋医学の先生が、西洋医学の知識と経験をもとに東洋医学の力を用いて治療してくれます。なので、治療は鍼・お灸・カッピングその他で、処方は漢方というのが主な治療です。保険適用なので経済的にも助かります。

私がカッピングしたらシャレにならんので、私は鍼のみです。血液検査も、希望すれば行ってくれるので当面ここで安心だなと思いました。私と同じ病気のおじいちゃんでも、3ヵ月通ったら血小板数値がかなり上がっているという事です。

患者さんの出入りを見ていると、非常にサイクルが早い!身体の根本(体質)から改善していく治療法らしいので、最初に自分の基本情報を先生に報告すればあとは触診や顔色、肌の色や状態などで調子をみて都度的確な治療が行われます。治療の根拠はかなり深くて、私も今先生の本を読みながら勉強中です。

あんまり人いないガラガラ。と思ったのは気のせいで、実際はかなりの人数が日々訪れている様子。しかも一般的な病院と違うのが患者の層。ご年配の方々はほんの僅かで、赤ちゃんから若者、中年の方々まで幅広い若者?層がメイン。

受付の方に訊いてみると「うちはほとんど患者さんの紹介で来られるんですよ~」との事。しかし、現代の若い人達や働き盛りの人達がこんなに沢山不調で困っていて、しかもそれを体質から変えようと努力しているとは。まさに自分の居場所を見つけたという感じです。

治療をうけている時(ベッドに寝転がる)毎回思うのが「ここの病院ベッドの上だったら死んでもいいな」です。非常にほんわかとした雰囲気があり、自分の家にいるかのようにリラックスできます。一般的な総合病院は、淡々としていて私の場合寂しい気持ちが倍増してしまうんですよね。なので、一般的な病院に入院して治療に励んでいる方々は本当に強いなと。

先生から「毎朝足湯やりなさいよ~」と言われたので、教わった方法で毎日続けています。世の中の足湯にはくるぶしから下だけバージョンとふくらはぎまでどっぷりバージョンがあるのですが、私はくるぶしから下バージョンを指示されています。1回10分ちょいです。足湯を行う際は、毎回必ず入浴用ヒマラヤ岩塩を少量入れています(先生はお湯だけでもいいと言っていたんだが気持ち的に)。

足湯を毎日続けて3ヶ月近く経過すると、足湯だけで汗がダラッダラ出るようになりました。たった10分の間にです。けっこう熱めのお湯ではありますが、これまでほとんど汗をかかない体質だったのにこんなに変わるものなんだなと驚いております。

先生は非常にぶっきらぼうな感じですが、自分の親よりも親のような人です。心ある親ってこんな感じなんだなと、通う度にライフが回復されていく…

こういった先生方は世界各地にいらっしゃいますし、日本国内にもかなりの数でそういうクリニックを見受けます。ですので、薬以外で自分の身体にできることが分からない方や何か少しでも根本からの治療を取り入れて行きたい方は、通える範囲で探してみると良いです。私の通うクリニックの場合は、他県からの患者さんには月1回の集中治療を行われているようです。背に腹なりふり構わずで動くと、良い縁に恵まれるチャンスを掴めるかもしれません。というか、掴んでほしいです。

治療の経過と自分の変化は、追って書いていきます。