0

冷やしてはならない

いろんなものが「万病の元」と言われていて、何が何だか分からなくなっていた頃が私にもありました。

中でも注目したのは「冷え」ですね。私は子供の頃から超冷え性でしたし、毎年しもやけマンでした。赤子時代は強靭な身体だったのですが、幼少期から難病発症日にかけてどんどん身体が悪くなっていた事実は否めません。不思議なことに、赤子の頃は色黒でしたが物心ついて身体が弱くなり始めると同時に色がどんどん白くなりました。今もヤバめの白です。何か関係があるんでしょうか?

クリニックでうつ伏せの状態で治療をしていると、先生の足が見えます。先生は毎回5本指ソックスを履いており、日によってシンプルなものやエルマー並みにカラフルなもの等様々で、それを見るのが私の密かな楽しみになっています。

で、その5本指ソックスはいったい何のために履くんだ…?と疑問を抱き調べると、何やら足指の先まで血流が滞りにくくなる様子。先生からは毎朝の足湯を指示されているし、その先生が愛用している…ならば私も5本指ソックスだ!と意気込んで購入。履いてみると、指が全部前にシャッとなるのでなんとも言えぬ心地よさ…!ただし、物によってはデザイン的にただ5本指というだけでいざ履いてみると足首部分が窮屈すぎて逆に浮腫んだりしましたので、質の良いもの(安物はやめておけ)が良いかと思います。私は、履き心地の良い5本指ソックスの上から大きめサイズのモコモコ靴下を履いています。寝るときだけ裸足です。

そしてアイキャッチ画像ですが、その本は症状パターン別で身体を温める方法が書いてあり非常に便利です。その右下にある白い丸いやつは、毎晩湯舟に入れているタブレットです。重炭酸の風呂が家でも楽しめるよ~!的なやつです。

1個がそこそこデカい&面取り感がすごく良い

実際、一番風呂の人は身体に泡がついて「ザ・炭酸」を味わうことができますが、この商品に関しては長時間お湯に溶け込んで重炭酸が抜けませんので、二番風呂以降の人にも効果が薄れることはありません。何度追い炊きしても大丈夫でした。ただし、40度までの温度にしなければ効果が無くなってしまうそうなので、40度で長湯からの汗だくコースを堪能できます。3錠入れるのがベストらしいんですが、私は寒い日は2錠でそうでもない日は1錠にしています。夏は夏でクーラーの影響もありますので、その日の体調等によっても調整すると良いかもしれません。

以前は冬に楽器を弾こうとすると指がかじかんで全く動かなかったのですが、今は余裕です。今までも冷えに関しては色々とやってきたつもりでしたが、なんとなくでは治りませんね。調べて的確な方法でやればむしろ治るのだということを、あの頃の私に説教してやりたい。あと、足湯は必須であると思います。

足湯というのも、先生に教わるまでは単に足先を温めるものであると思っていましたが全然違いました

内臓をはじめ 全 身 を 温 め る た め の 行 で あ っ た。

世の中にはまだまだ知らない事が多すぎて、それが逆に楽しみにもなりますね。金持ちになったら、重炭酸入浴剤を毎朝の足湯にも使いたいです。今はヒマラヤ岩塩で代用中(コストパフォーマンス◎)。