0

難病治療中の私が使用しているものランキング -消耗品編-

これまで、ITPを完治させるべく色々な事を試してきました。運動系はお金がかからないので良いのですが、消耗系はお金がかかりますので、自分の今の体質に必要な物の中から優先度が高い順に書いてみようと思います。あくまで私の現状体質にとっての話ですので、参考までに。

1. 乳酸菌
何よりも最重要な事は腸内環境の改善であると思いますので、これは外せません。ぬか漬けやキムチで摂れば間に合うレベルの体質ではありませんので、自分に合った乳酸菌を定期購入する事にしました。定期購入第一弾が届いた際、中にプレミアムスーパーフードが同梱されていました(デカい!)。画像のやつです。オーガニックとの事で非常に有難いプレゼントでした。飲んでみて良い感じだったら数カ月おきに買いたい。

2. ゼオライト
これまでに使った毒出し系の中では最強でしたし、摂取を始めて紫斑の出具合に良い変化が見られるようになったので優先度は高めです。そもそも身体中(骨等にも)に溜まっている重金属を先に出さなければ鉄分やカルシウムを摂っても逆におかしな事になるようなので、特に鉄分を意識して摂る私にとってゼオライトは必須となっています。

3. エラスチン
肺が弱いので必須です(呼吸が良い感じになる)。ついでに顔が若返るので一石二鳥です。高い基礎化粧品を買わずに済んでいます。

4. ショウキT-1
私の腎臓と肝臓をサポートしてくれる心強い飲み物です。官足法足裏ケアがもう少し捗って、内臓機能が一般人並みに回復したら摂取頻度を減らせるかと思います。使い始め当初は「糖鎖」を摂る目的でしたので、糖鎖も摂れて腎臓肝臓もケアできて、ホルモンバランスもどうにかしてくれるこれは手放せない。

5. ココナッツオイル
口腔クレンズ用です。ITP故に虫歯になると治療ひとつ厳しいので、虫歯にならない為に毎朝歯磨き後時間をかけて口腔クレンズしています。これをやると、フロスをしても糸に歯垢がつかない(歯垢そのものが出来にくくなっている)。

6. 風呂に入れる重炭酸タブレット
これを入れるようになって、確実に基礎体温が上がりました。そして10分湯舟に浸かっていると汗がゴンゴン湧いてきます。朝の10分足湯の時でさえ汗が出るようになりました。足湯にはタブレットは入れていません(もったいない)。少し前にも書きましたが、難病患者は「身体を温める(冷やさない)」→「血流を良くする」→「毛細血管を復活させる」この流れが必須です。内臓機能も、身体が温まることで正常化するようです。

7. マキベリー
今まで使用した中で最も抗酸化力が高かったので重宝しています。優先度的には7位という位置ですが、ギリギリ他の食べ物で替えが利くという理由なだけであって、ここまでの抗酸化物質を他で摂るのはけっこう大変なので実質必需品ではあります。

8. アップルサイダービネガー
カンジダ菌が口腔から内臓、全身に蔓延っている間・胃腸が弱い時は必須です。私は基本胃腸が弱いので、毎日摂取しています。胃腸が強化されなければ栄養素の吸収も阻害されてしまうのでけっこう大事です。

9. ビタミンC
鉄の吸収に必要です。あと、普通に免疫力の安定や肌に対しても必要なのですが、食べ物だけではなかなか追い付かないのでオーガニックビタミンCパウダーを摂取しています。

10. CBDオイル
造血も内臓その他機能回復も、眠っている間(ないしは横になっている間)にしか成されないそうなので睡眠は栄養と同じくらい大事。私の場合、これを飲むと夜中に中途覚醒しなくなるので、毎晩ぐっすりです。

とりあえず10位まで出してみました。何か抜けている気がするのですが、思い出したらまた書きます。次回は消耗しない系ランキングでも書こうか…

今日はきっちり20分官足法マットを踏むことができました。旦那も改めて踏み始めました。今の所、痛い痛いと大騒ぎです。何か月経てば騒がなくなるのかも記録していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です