0

カンジダいい加減にしろ

めちゃくちゃ便利なティーポットを入手しました。

茶葉はオーガニックでも、ティーパックが漂白済みのものである場合がけっこう多い。そういう時は中身を出してこのポットでお茶を作ります。ハーブティー然り。

頭の部分にフィルターがあるので、なんか便利です。茶葉は下の部分に雑多に入れられます。あばれ家のような雑多な家庭にはぴったり。レモングラスのような細かい葉っぱは多少出てくる事もありますが、なあにかえって免疫力がつく ʅ(◔౪◔ ) ʃ

頻繁にお茶を嗜む家庭にはあって損はない!と半ばゴリ押しで購入しました。購入時旦那は「ほんとにそれ要る~?」みたいな顔で疑ってきましたが、いざ使い始めると旦那「これすごい便利~!すごい良い~!」と毎日言っています。想像力が無いと損しますね。

そんな旦那が、ブログを立ち上げたと言う。私がブツブツ言っている事を記録に残しておきたいのだと言っていました。役に立ちそうな事は自分のブログに書いており、ブツブツ言っている事は一切世の中の役に立たない内容だと思うんだが。

お暇な方は読んでみるといいです。→ こちら

ゴールデンウィークですが、半日は仕事をしています。今の所仕事自体が好きなのではなく、金を稼ぐ事が好きです。新しい事業も始めているので、最初は細々という流れです(要するに今現在の新しい仕事は作業をしたからといっていきなり金になっているわけではない)。ゆくゆく、今細々とやっている事が望む通りのお金に換われば、仕事が好きですと声を大にして言えるようになると思います。道程は長い。

連休に入った途端、最近また燻っていたカンジダ菌が大増殖したのか何なのか分かりませんが、ダイオフ症状が過去最強に酷くて半日寝る→半日仕事という流れを繰り返していました。間で少し外出するなど行いましたが、数日が経過した今日ようやく本格的に出かける気分と体調が復活しています。

舌苔が尋常ではない・紫斑がいつもより多めに出る・口腔内の炎症・喉の炎症・微熱・頭痛・食欲皆無といった状態でした。食欲が全くなくなり、その後お腹を下しました。直感が鋭くなると、身体が毒出しをしようとする時は動物のように 食欲減退→休息→下痢→回復 というような経緯を辿るとどこかで聞いた事がありますが、まさにそのような感じになったのでむしろ本能寄りな体質になっている事はラッキーだなと思っています。

今の私にとって、自作オレガノオイルでは威力が乏しいと感じた&今日のニュースで全身癌転移の人が犬の駆虫薬で癌が全滅したという情報を見た結果、やはりここは強力なブツに頼ろう。そう思いアイハーブのサイトを覗いて最初はオレガノオイルの濃縮版を買おうと思いましたが、飲めるやつがどれなのかさっぱり分からなかった(アロマ用は飲めないらしい)ので寄生虫駆除(カンジダも駆除)専用のハーブオイルミックスのやつを買おうとしましたが、そこに入っている濃縮されたヨモギが腎臓に影響を与える場合も稀にあるとレビューに書いてあったので、腎臓が弱い私はその中の素材で最もすごい抗菌力であると言われているブラックウォールナッツのみのオイルを注文しました。腎臓が普通の人であれば、ブラックウォールナッツとヨモギとなんやかんや入っているオイルがテキメンなんじゃないでしょうか?レビューを見ると「ウンコと一緒に寄生虫が出てきた~!」みたいな内容がけっこうあって笑いました。出てきたら嬉しくないです?キモいと思う方もいるかもしれませんが、ウンコ同様に腹の中に溜まってる方が嫌じゃないですか?

その、今日のニュースで読んだ寄生虫駆除したら末期癌治ってもーたという内容も気になりますし、年に1度の寄生虫駆除はアリかもしれないなと感じました。ただ、その癌だった人はCBDオイルも摂取していたようなので双方の相乗効果だったんじゃない?と個人的に思っています。何にせよ小腸の寄生虫と多すぎるカンジダ菌が私のような難病やその他あらゆる病気の根源である可能性は高いですし、生き物のほとんどが腸内に寄生虫を飼っているらしいので、定期的に寄生虫やカンジダ菌を排出する事はこれからの時代の常識になるかもしれません…!

寄生虫の出所は、おそらく生魚や半生肉、生野菜や果物、ペットからの感染等ではないだろうか。しかし生の食べ物には大切な酵素が沢山入っているので、食事からゼロにするわけにもいかず…よって、寄生虫の定期的駆除がベストという結論に至りました。

近年、癌の原因がカンジダ菌であるとか先程のように寄生虫であるとか言われていますが、共通するのはやはり「腸内環境の改善」ですね。カンジダ菌と寄生虫は餌にするものが砂糖や炭水化物だったりと何かと共通項が多いのも気になります。そしてグルテンが腸を汚すので、遺伝子組み換えされた現代の小麦粉はあまりお勧めできません。発達障害も、症状を軽くしたいなら腸を改善しろと言われていますし、PMS・自閉症・その他色々な症状改善に「腸内環境」というワードが出てきます。腸を労わるという事は、腸を悪くする物を生活から極力遠ざける事も大切かと思うので、紫斑病が治ったらまた酒飲もうかな~ケーキ食べようかな~と思っていましたがやはり今のままでいようと思いました。いつ死んでも大丈夫な歳になったら好きに生きるかもしれません(その時に身体が何を欲するのかにもよるが)。その前に、仕事を好きな事だけにできたらストレスが無くなるので、今それを狙って日々黙々と作業を行っているわけです。ストレスは胃腸にダイレクトに響きますからね…

ちなみに、カンジダや寄生虫駆除でダイオフ症状が酷くなった時、竹炭パウダーを気持ち多めに飲んだら楽になりました。珪素土でも良いみたいです。

寄生虫やカンジダ菌除去について色々書きましたが、私は自分の身体で実験をしている最中ですので、みなさんもチャレンジする場合は自己責任となりますがやってみる価値はありそうですよね。何も予防せずに大病を患ったら後悔しかしない自信があるので、できる事は何でもやってみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です