0

長男のうんこに寄生虫の卵

癒し本として私が読んでいたのですが、最近は息子たちが嵌って読んでいます。しれっと置いておくと気になって読むようなので、お子様や洗脳が必要な配偶者をお持ちのご家庭には「読ませたい本を買ってしれっと置いておく(痔になる等賛否両論ありますがトイレに置くと効果倍増)」という方法を推奨します。ついでに元素記号の本もしれっと置いておいたら、なぜか次男が食いついています。

ここから寄生虫

パラサイトクレンズ、息子たちは5日目。

長男は今日まさに寄生虫にメンタルをやられていて、過去にないくらいのイライラが出ていました。昨夜は20時から眠って今朝6時半起きだったので、何かしら身体が回復を図ろうとしている感じも見受けられました。ウンコには白い小さい粒が数個あったそうです。こちらは卵のようですね。

次男は3日間便秘になっており、今日ようやく出ました。朝晩と自分から黒クルミサプリを飲んでいます。

旦那は、昨日1日様子が変でした。本人は自覚症状無いと言っていましたが、明らかに変。自分の事しか見えてません状態でした。なんというか、目が死んでいました |゚Д゚)

今日の夜には全員フラットな状態に戻っており、ようやく一山越えたという感じです。私はあの絶不調の日以来すこぶる調子が良いです。最も変わったのは、抑鬱状態が無くなった事。今までは「こんな病気になったからこそ前向きに物事を考えなくては」と意識して動いていましたので、負荷はそこそこありました。それに加えて切ろうにも切れない人間関係で不快になる日もあって、考えたくもないのに未来の不安な情景が浮かんできては自分の身体全体に曇りの圧をかけるといった状況が続いていました。高校生くらいからそういった傾向はあったので、随分長く苦しんでいたんだなという事にノーマルメンタルとなった今初めて気付きました。人生というのは意外にも生きやすいものだったのだな。

生きやすくなったついでに強迫観念も薄くなってしまったので「たまには甘いの食べてもいいだろ」という思考が頭を過りましたが、この動画を見て「今の良い状態が戻ってしまう可能性があるならやっぱやめとこ」と思いました。あと、次男や旦那の発達障害にも砂糖はよろしくないようですし、長男の注意力散漫な部分もその辺りが影響している可能性もあって、週1だけ買っていた子供のおやつの甘い物も少しずつ減らし、最終的にはゼロにできたらいいなと考えています。ただでさえおにぎり大好き兄弟なので、糖質は十分に摂取しています…

最近は私よりも旦那の方が健康に対して過敏になっており、「これを明日レンタルして家族全員で見る」と先ほど言っていました。ボンボン育ちで世間知らずだった青二才が、私の病気を機に「世の中の当たり前が当たり前では無いこと」「自分の頭で考えて経験した後答えを出すこと」「世間の目より自分の生きたいように生きること」などを体感からモノにしている成長ぶりは非常に興味深いです。

私が世間の目など気にして生活したら5分で肺が腐って死にます。

そういえば、うんこに寄生虫がびっしりついて出てきた日以降急に体重が増え始めました。今までかなりの養分を寄生虫に吸われていたという証明でもあるのではないでしょうか。同時に、昼夜共にごはんを2回おかわりをしていた→軽く茶碗1杯で満足という変化もあります。授乳期間が完了した後の食欲の変化に似ています。そう考えると、赤子に栄養を与えていた≒寄生虫に栄養を盗られていた=余分なエネルギーが不要になると食欲も減るという図式が。つまり、私のように「寄生虫に栄養を盗られていたタイプ」は駆除後は食べすぎ注意ということです。

パラサイトクレンズはまだ5日目です。まだまだ良い変化は起こるかもしれませんので超期待。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です