0

白髪が消えた。難病って生活習慣病なのでは?

検査入院していた頃、前髪の内側の一部にけっこうな白髪の束がありました。旦那にも見せて「老化には抗えませんな」と報告。自然なことだと思っていました。

退院して、過去記事にもあるように色々調べて試している最中、難病だろうが何だろうが、健康に関するとても重要な事に気付きました。

自分、抗酸化力が全然無いよね。

身体が酸化すると、細胞も遺伝子もボロッボロになって万病の元になりますよね?あと、汚い肌も細く減る髪もボロ爪もシミもシワも全部酸化が原因ですよね?つまり、今からでも抗酸化力をつければまだ勝つるんじゃないの?そう思ったわけです。ITPも現状維持か少しでも良くなったら御の字じゃないですか。

抗酸化力の塊といえば、マキベリー一択でしょう。しかも私は極力オーガニック系しか食べないようにしているので、このマキベリーを食べ続けています

結果から申すと、白髪は残り1本になり、あとは全部黒に戻りました。抜いてませんよ?すごくないですか?退院してすぐ購入して、朝昼晩と食べているのでかれこれ8ヶ月弱でしょうか。継続は力ナリ~

市販のお菓子やケーキ、水とオーガニック系以外の飲み物、添加物、小麦粉全般、乳製品(3ヵ月に1回だけ大丈夫なやつを食べる程度)、外食など(オーガニック関連の外食だけは稀に行く)を全て断っているので、その相乗効果もあるか?砂糖や添加物を摂ったらせっかくのマキベリー抗酸化力が台無しでもったいないですからね。

それらの生活に関して、ストレスを感じることは無いです。旦那もそうらしい。カンジダ菌が多すぎると、カンジダ菌が自分の最高の餌である「甘いもん食えや」「小麦粉食えや」と洗脳してくるんですってよ!カンジダ菌が減ってるから、別に小麦粉も甘い物も食べたいと思わなくなっています。息子たちにはガチガチに縛りを設けたくなくて、「今日はお菓子買っていいぞ」と言うも「最近そこまで甘い物欲しいと思わない」と口を揃えて言っていました。カンジダ菌が減ったんでしょうね…。

あと、身体に良い生活に切り替えて、白髪もそうですし老いが目に見えて改善されています。余計なものを食べてお金を費やして不健康になって見た目も中身も老けて病気になるよりも、良いものを食べて健康になって若返る方が良いに決まっているじゃありませんか。私のインスタグラムにはバエる食べ物はひとつもありませんが、ストレスを緩和してくれる飼い猫の画像が大量にアップされています。それでよくないです!?

ちなみに、白髪染めにはかなりキツい成分が入っているらしいですよ。私もITP発覚のちょっと前に美容室で白髪染めをやってもらったら、すごいアレルギー症状が出ました。ということは、もはやヘナ染くらいしか手段は無い。そこに時間とお金を費やすよりも、白髪そのものをなくしてしまった方が早いという話でした。