0

目的あってこその

昨日寄生虫(とウンコ)を出しまくったおかげで、今日はウンコのウの字も出ません。それはそれでおかしくない!?

それはさておき、またガチャを回してしまいました(画像)。百済観音でした。

今日も変わらずメンタルフラットで特に問題の無い日なので、日常日記を書きます。

息子たちの歯科定期健診の日でした。今日もそれぞれの勉強をガチでやるぞと2人とも意気込んでいます。

あばれ家の勉強に対する子供のモチベーション維持方法ですが、にんじんぶら下げ方式を採用しています。今回は長男次男共に「スマブラが欲しい」という願望が強い為、長男は英検の勉強、次男はバイオリンの練習を各々1日最低2時間以上×1ヶ月をクリアしたらスマブラゲットです。

物を与えないと何もしない人間になる!という説もありますが、大人だって金を貰わないと仕事なんかしたくないよ。金なんかいいよ~と言える仕事をする場合は、金銭的にも時間にも余裕があるからできることであって…ボランティア然り。手伝いに関しては共同生活の一環なので対価はナシです。しいて言えば、相当の感謝の念を言葉で伝えるという事はやります。やって対価を貰うべき事、そうでない事、貰う場合、そうでない場合、それらの違いを教えてこそ子供の未来で活きる価値観の植え付けが可能となります。町内会の掃除やゴミ拾いにも参加必至。

あと、継続するという事の難しさとそれをやってのけた際に起こる「奇跡レベルで得られる事」を体感させる為には、にんじんは必須です。人生経験の浅い子供たちに「将来の為だから」等と言っても心から理解できる子は多くは無い。毎度言うには言いますが、理解できる歳になるまでもう少し時間を要します。だから、動機が何であれ自分の意思で継続させて目標物を得て、気付けばその物よりも大きく揺ぎ無い物を手に入れていた事に気付けるよう、継続は力の経験を体感させる事が重要であると思っています。それによって自信を持てるようになれば、大人になって周りの人間を自己顕示欲を満たすための道具のように扱う事もなくなるだろう。

学校のテストで100点をとったら、小遣いとは別で100円進呈しています。これは、重要な試験の際にケアレスミスを無くすためテストは時間内に何度も見直しをするという癖をつけるためです。習慣は本当に重要です。習慣は第二の天性なりとも言いますしね。

マザーテレサの名言でも貼っておこう。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

そして親である我々もまた、決めた事は継続する背中を子供たちに見せ続ける必要がある。説得力の無い親が子供へああだこうだ言う資格は無いというのがあばれ家のモットーです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です