0

脳が求めている

例の大きな悩みですが、問題の根源は自分だけではなく周りにもある(個人ではどうしようもない)という事と、親しい友人も同じ事やそれ以上の目に見えない重圧を抱えているという事が分かり、これは個人的な課題ではなく日本全体ひいては世界の問題でもあるんだなと認識できました。解決の糸口が少し見えてきたような感じです。

その話の派生で私や私の周りの一匹狼たちの様子を見てみると、私も含め本人は「最低限の知人以外は必要ない」と認識しているのですが、実際は「自分の思考を理解してくれる人や自分が共感・尊敬できる生き方をしている人、自分が自然体でいられる相手が周りに多いのなら知人はそこそこ多くても良い」なんだろうなと思います。

5億年ボタンと呼ばれる有名な漫画があるのですが(長男が最近よく話題にする)、長男に意見を乞われた際私は「絶対に押さない、理由は孤独になると多分脳がおかしくなると思うしその記憶が仮に消えるとしても味わう苦痛は尋常ではないだろうから」と答えました。実際に認知症・精神疾患・引きこもり等に起こっている脳の劣化要因はそこにあるのではないか?と思いちょっと調べたら本当に出てきました。

今これを知って良かった…

要するに、人は人を無意識に欲しているのに、相性の合わない相手との狭間で生じるストレスが大きい場合、知人や友人を持つメリットよりもデメリットが多くなるから仕方なく単独で過ごす他道が無い。ネットを通じて気の合う人と仲良くなる事はできるものの、ここまで気の合う人がいるのか!とハードルが上がってしまい、身近な「適度に気の合う人」の存在意義が自分の中で自然と下がり交流が途絶える。ここで起こる問題が「最も気の合う人と会えない事による交流の限界」です。生き物として不自然な状況なんだろうと思います。オンライン上でのコミュニケーションと、目の前にいて図るコミュニケーションには大きな違いがあります。それは「触れられる距離か否か」という事。過去記事で書いた手で握るおにぎり論に近いものがありますが、握手やハグ、さりげないボディータッチを行う事で人は無意識に親近感を覚えるのだそうです。より親しくなれるという事は、より心が満たされるという事でもあるんじゃないでしょうか。ハグに関しては、かなりの割合でストレスが軽減される事が立証されているらしいです。ペットでも良いようですが、私個人としては人対人の方がより安心感を得られるのではないかと考えています。

それでも私は「遠くで暮らす友人との関係性を諦めたくない」と本心から思っているのが厄介でもあり、頻繁に会えない距離にいる友人はそれほどまでに私の人生に良い影響を与えてくれた唯一無二の存在であるとも言えます。今傍にいてくれたらと思う瞬間にその人がめちゃくちゃ遠くに住んでいるジレンマは、私も友人も互いに抱えているものです。それでも私の人生には欠かせない存在である事から、頻繁に会いに行けるよう飛行機代を稼ごう!と思いました。そして同時に、その友人とまではいかなくても、たわいのない話・誰かの助けになる事で必要になる身近な人達へのコミュニケーションを避けるような事はやめよう…と反省しています。

人同士のふれあいは人の精神及び健康を支える為に必要である事が分かりました。そういったふれあいは同性同士でないと不穏な目で見られる事が常です。自分が泣きたい時に肩を貸してくれる同性の友達は超貴重なので大事にしないといけません。男女関係無く、泣きたい時は泣いた方が良いです(我慢を続けると将来的に健康を害す)。男性でも母性を持った人はけっこういて、そういう時支えになってくれる友人は過去何人かいたのですがそれこそ周りから誤解を招くし、大人になればなるほど素直に心のままに表現ができなくなる事で自分の首を絞めているように感じます。

そこで昨日の話に戻ります。

性的関係がダメなら人間関係ごとぶった切る。という浅い思考と感情的な動きは、自分も周りも潰してしまうので本当に害悪です。人間的な魅力を感じたから性的にも魅力を感じるのではないのか?その逆パターンの人は簡単にぶった切る結果を選ぶのだろう。それは中途半端に動物的であり、人間の悪い部分が一気に露呈する瞬間でもあります。自分の感情が満たされなかった事を受け入れる強さ、そして相手を思い遣る心がないと、そのようにして逆切れ行為に走ってしまう。それは愛ではなくただのその場限りの恋愛感情以下の感情(恋に恋するアタシ)にすぎない。性的対象者にアプローチするなら、愛を以てして挑めよな~

性別を超越した人と人との繋がりが、もっと一般的に認知されれば良いのですが…

*********

ここ数年、様々な面で格差が広がりつつあるのですが、例えば「金持ち」「貧乏」がスパーンと分かれるように存在するわけではないので、じわじわと真ん中の層が減っている感じです。どちら寄りに行くのかは自分次第ではありますが、金では買えない価値あるものなんか沢山ありますので(これまでに書いた貴重な人との出会いやふれあい等)その格差において幸福度が比例するとは言い難いです。そして世の中の全てにおいて二極化というのはあり得ないと思っています。人ひとりひとりに対しても「好き」「嫌い」とはっきり分けられるのは、その対象の一部(自分が好感を持てる部分の一面・不穏に思う部分の一面)しか知らないからです。トータル的に自分が腑に落ちない思考を多く持ち合わせている人に対しては「嫌い」のパーセンテージが上がるだけ。人に限らず、物1つにも言える事ではあります。同じブランドの商品でも、自分が「かっこいい」と思うものもあれば「なんじゃこりゃ」と思うものもある。あんまりガチガチに考えすぎて柔軟性を見失うことのないように、自分が周りを見る目に愛のフィルターをかけてみると人生はより面白いものになるでしょう。

*********

昨日の治療の結果ですが、いつもよりかなり熟睡できた・身体が軽い・なぜか左脚に鈍痛(脚に鍼は刺していない)・気分が落ち着いているという具合です。せっかく良い気分だったのに、またも宗教の勧誘が来て生気を奪われた感がすごい。週に何度も来るのは暇だからでしょうか?そんな時間があったら世の為に仕事をして経済をまわせば良いのに。

*********

ロクシタンヘアオイルを塗って寝てみました。朝起きると、強いにおいがまろやかになっており「良い香り」と化していました。髪の具合もかなり良い。私の嗅覚と髪質の場合、寝る前に使うのがベストです。

*********

いつも行く店でセールをやっていたので、画像のジュースを数本買ってきました。ジュースは飲んで月1回あるか無いかです。残り3本は子供にあげます。割り切れない→喧嘩になる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です